送料について
合計金額2万円以上お買い上げで全国送料無料(沖縄・離島除く)

ラム肉の部位別紹介

千歳ラム工房では、羊肉の様々な部位を取り揃えております。
羊肉は部位によって柔らかい、歯ごたえがある等の食感や、味わいも異なります。部位の特徴を知ることで、さらにラム肉が美味しくいただけます。
是非それぞれの違いをお楽しみください。

ラム肉の部位

千歳ラム工房
ラム取り扱い部位

  • ◎ラム肩ロース
    肩の背中側の部位です。赤身と脂肪のバランスがよく他のロース部位と比べ筋肉繊維が非常に細かく適度な脂がのっており、クセが少なめ、とても食べやすいジューシーな肉汁が特徴です。特選は霜降りになっており、仔羊一頭からわずかしかとれない、希少部位です。
    ラム肩ロースの商品を見る
  • ◎ラムショルダー
    ジンギスカンの定番部位の腕に近い部分で、肉のスジが複雑なので、丁寧にカットしています。赤身と脂肪のバランスが絶妙で、程よいコクや甘みがあります。
    ラムショルダーの商品を見る
  • ◎ラムランプ
    腰からお尻にかけてのサーロイン・ロースと隣り合わせの部位です。柔らかい赤身で脂が適度にあり、クセが少なく味に深みがあるお肉なので、肉らしい濃厚な味わいがあります。
    ラムランプ商品を見る
  • ◎ラムハツ
    仔羊のハツ(心臓)は、内臓の中でビタミンA・B2・鉄分が豊富な部位です。歯ごたえがあり、あっさりとしています。
    ラムハツ商品を見る
  • ◎ラムレバー
    レバーは最も栄養価が高く、ビタミンも豊富。アミノ酸が多く含まれているので、基礎代謝促進にも効果的です。
    ラムレバーは、豚レバー、牛レバーとほとんど食感が変わらず主に焼いてたべるのが定番です。
    ラムレバー商品を見る

MENU

商品をさがす

ページトップへ